セブ・コルドバの夜は更けて

すみれ会では毎週水曜日、午後1時よりマンダウエのJセンターモール2Fテラス(イミグレーションの外側)で交流会を行っております、参加は会員以外の方でも自由に参加できますので、お気軽にお越しください。

フィリピン人の「許し」の精神・続編

平成28年1月26日(火)
フィリピンご訪問ご出発に当たっての天皇陛下のおことば(東京国際空港)


この度,フィリピン国大統領閣下からの御招待により,皇后と共に,同国を訪問いたします。
私どもは,ガルシア大統領が国賓として日本を御訪問になったことに対する答訪として,昭和37年,昭和天皇の名代として,フィリピンを訪問いたしました。それから54年,日・フィリピン国交正常化60周年に当たり,皇后と共に再び同国を訪れることをうれしく,感慨深く思っております。
フィリピンでは,先の戦争において,フィリピン人,米国人,日本人の多くの命が失われました。中でもマニラの市街戦においては,膨大な数に及ぶ無辜のフィリピン市民が犠牲になりました。私どもはこのことを常に心に置き,この度の訪問を果たしていきたいと思っています。
旅の終わりには,ルソン島東部のカリラヤの地で,フィリピン各地で戦没した私どもの同胞の霊を弔う碑に詣でます。
この度の訪問が,両国の相互理解と友好関係の更なる増進に資するよう深く願っております。
終わりに内閣総理大臣始め,この訪問に心を寄せられた多くの人々に深く感謝いたします。

当然、日本ではキリノ大統領の恩赦によって帰国出来た帰還兵はビックニュースとなり
モンテルパン刑務所も有名になりました。
しかし、我々日本人の間では戦後復興、高度成長期へと移り忘却の彼方となり、スッカリ忘れ去られておりました。

昨年、天皇陛下御夫妻のフィリピン滞在中にあの元キリノ大統領のご自宅を訪問され、
直系の孫娘であるルビー・キリノさんとお会いして当時の恩赦の御礼を申し述べたそうです。これには我々セブ在住者にとっても、日本住んでいては味わえない全く別の意味で強く感動し心を打たれました。



その後の安倍首相のフィリピン訪問では、フィリピンのインフラ投資に多額の日本政府の援助を申し出たニュースを特別な感慨で見ていたのは私だけでしょうか。

キリノ元大統領は天国で満足げな笑顔でこの光景をご覧になっているでしょう。


                                    終り



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。