セブ・コルドバの夜は更けて

すみれ会では毎週水曜日、午後1時よりマンダウエのJセンターモール2Fテラス(イミグレーションの外側)で交流会を行っております、参加は会員以外の方でも自由に参加できますので、お気軽にお越しください。

ドゥテルテ大統領の施政方針演説

7月24日にフィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領による大統領施政方針演説、第2回SONA(State of the Nation Address)が行われました。

フィリピンでは1987年の憲法規定により、大統領には1年に1回、国の状況を報告する義務があります。


そして昨日ドゥテルテ政権は、ドゥテルテ大統領に投票した何百万人もの人々に、1年前に大統領に就任してから現在までの成果報告を行いました。


そもそもSONAとは?
SONA とは、大統領が毎年行う演説であり、国の経済や社会について話します。また、前年について、そして実際に起きた変化について後年の計画についても留意します。



SONAが行われる日時と場所


 SONAは、ケソンシティのバタサン・パンバンサ(下院議事堂)で行われます。今年は、7月24日月曜日、午後4時からドゥテルテ大統領が彼にとっては2度目となる79回目のSONAを行いました。


ちなみにケソンシティの学校は、この日休校になりました。


ドゥテルテ大統領は、上院多数党院内総務の上院議員ヴィセンテ・ソット3世、北イロコス州第一地区代表で下院院内総務となるルーディ・ファリナスによってバサタン・パンバンサの本会議場までエスコートされました。


 
SONAの参加者


SONAは、主に政治家からなる様々な部門の人たちが出席します。

今年のSONAには約3,000人の外交官、政治家、前大統領が参加。

しかしベニグノ・アキノ前大統領は、今年のSONAへの招待を辞退しました。



 2017のSONA


SONA 2017には、初めてのものが多くありました。人々は、薬物問題、マラウィでの戦争、そして国が直面しているさまざまな問題について、ドゥテルテ大統領がどのように取りくんでいくのか期待していました。


また、政治家たちが着飾った衣装で参加していた以前のSONAとは異なり、今年の招待にはシンプルなビジネスウェアで参加することが求められました。大統領の装いは、“リサイクルの”バロンとガウンでイベントに参加すると報じられていました。


それでは、SONA 2017ではどのようなことが述べられたのでしょうか?


演説は、フィリピンの主要なテレビ網で放送され、現政権の業績と今後の計画について語られました。



今回の施政方針演説、要点10項目は以下の通りです。


1.土地利用法


演説の中で大統領がまず最初に言及したのは、土地利用法。土地利用を審査、計画し、継続的な土地活用を確実にするためです。これによって、継続的な開発の原則に沿った、天然資源の有効な分配が可能となるでしょう。



2.21世紀の環境に対応する災害対策に新しい省を


災害対策について大統領は、両院に対し新たに省を作り法律を作るよう呼びかけました。この省は、防災力をより高め、迅速な災害対応を提供するための権限を持ちます。



3.市民のための苦情ダイヤル8888について


苦情ダイヤルが設置されたのは2016年。国民は、政府に対する不満を伝える手段を得ました。政府の遅い対応、職員の態度など寄せられる意見は様々との事。



4.教育制度K-12制の実施 


2016年、フィリピンは、K-12制と言う教育制度を採用しました。 


K-12とは、幼稚園(K=Kindergarten)、小学校6年間、中学校4年間、高校2年間、合計12年。さらに大統領は、技術トレーニングや、学校に通えない子供たちの利用する代替学習システムの拡大についても言及しました。



5.医療費 “差額請求なし”政策


医療に関してドゥテルテ大統領は、フィリピン人は良質で安価な公共の医療サービスを公平に利用できることを保証しました。この政策は、「入院中は、セット料金以上の医療費を貧しい患者に請求してはいけない。」としています。大統領はまた、国民健康保険や医療補助拡大を現政権が行うことを言及しました。


 6.大統領令No.26 フィリピン全土禁煙


つい最近、大統領がサインした大統領令、フィリピン全土禁煙。喫煙者が喫煙できる公共の場を制限しました。大統領は、「我々は、タバコ商品へのアクセスを最小限にしたい。禁煙を試みる人たちに、支援的な環境を提供したい。」と述べました。



7.ブロードバンド整備計画 


2017フィリピンのインターネット接続環境改善のためにドゥテルテ政権は、ブロードバンド整備計画2017を承認しました。安価なインターネットアクセスをすべての地域にもたらす計画で、またブロードバンド接続速度を改善するものです。さらに最近、情報通信技術局がエドサ通りにて公衆無料Wifi サービスも開始しました。



8.海運、陸運の改善


海路については、15の新しいRo-Ro(Roll-on Roll-off )船が運航を開始しました。フィリピンの主な海路を行き交います。また、アセアンRo-Ro船の運航もスタート。ダバオ、ジェネラル・サントス港に立ち寄り、インドネシアとフィリピンを結びます。大統領はまた、港の近代化(ジネラル・サントス、カガヤン・デ・オロ、サンボアンガ)についても言及しました。
大統領は、メトロマニラ開発局及びセブ自治体に対し、交通の流れを確保するようにと述べ、違法駐車など通行を妨げるものの排除を指示しました。「違反するものは、地位に関わらず、罰せられます。」と述べました。



9.環境の維持を優先


演説の中でドゥテルテ大統領は、採掘業者に対し無責任に天然資源の破壊を行うことを控えるようにと警告しました。彼は、環境を守ることが優先され、交渉は不可能であることを強調。採掘業者に対して、破壊された場所を元に戻す責任がある、と述べました。



10.2017年税制改革プログラム


ドゥテルテ大統領が、優先的に改革したいことの一つ、税制改革Tax Reformfor Acceleration and Inclusion (TRAIN)が実施されました。これは、以前の税制問題に対処するもので、個人所得税の減税、固定資産および贈与税の簡素化、付加価値税の拡大、ガソリン、自動車物品税を増税する改革です。



その他にも大統領は、南部ミンダナオ島に発令した戒厳令の正当性を改めて強調。また、引き続き違法薬物、犯罪、汚職の撲滅を行っていくことも約束しました。


No.7のブロードバンド整備計画はセブ在住日本人にとっては是非早急に実現してほしいものですが、何せ此処はフィリピンですから(笑)



フィリピンプライマーの記事より

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。