セブ・コルドバの夜は更けて

すみれ会では毎週水曜日、午後1時よりマンダウエのJセンターモール2Fテラス(イミグレーションの外側)で交流会を行っております、参加は会員以外の方でも自由に参加できますので、お気軽にお越しください。

フィリピーナの悲しい現実・続編

「フィリピンの女の人なんて、日本人の金持ちの男をつかむのが目的で、日本の飲み屋で働いてるんでしょ。そういう男つかんで楽しようという魂胆が許せない。日本に入れなきゃいいのに。」 P国人への興行ビザ発給が停止になる直前のデータでは、国別のP国への送金総額は日本は米国に次いで2位、しかしP人一人当たりの日本からの送金額はダントツの 1位でした。 当時、P国ではスービック/クラーク基地等国内の主要な米軍…

フィリピーナの悲しい現実・続編

「フィリピンの女の人なんて、日本人の金持ちの男をつかむのが目的で、日本の飲み屋で働いてるんでしょ。そういう男つかんで楽しようという魂胆が許せない。日本に入れなきゃいいのに。」 日本も終戦直後は、進駐軍の米兵と、日本の戦争未亡人達は働き手を戦争で亡くし残された家族の生活を支える為、娼婦になりその後米兵と再婚し渡米して行った多くの若い日本人女性が居たこと、更に農村部では農地解放に依り自己財産となった…

フィリピーナの悲しい現実

「フィリピンの女の人なんて、日本人の金持ちの男をつかむのが目的で、日本の飲み屋で働いてるんでしょ。そういう男つかんで楽しようという魂胆が許せない。日本に入れなきゃいいのに。」 現在の日本での若いフィリピン女性に対するイメージは、この様な意見が一般的です。 しかし、私達がセブで暮らすフィリピン女性のイメージは、貧しい暮らしの中で家庭を支える大黒柱として必死に働いておりながらも、シャイで陽気で明るく…

セブの流儀で野垂れ死ぬ覚悟はあるか? 続編

「稼ぐのを止める」のは、許されない贅沢と知れ 充分な資産と入念な計画がないのにアーリーリタイアに入ってしまう人は、次々と破綻していく人たちの姿をよく観察し、分析した方がいい。 資本主義の社会の中で「稼ぐのを止める」というのは、よほどの資産がない限りは許されない贅沢であると考えるべきだ。アーリーリタイアが許されるのは、だいたい以下の3点に当てはまる人ではないか。 (1)使い切れないほどの莫大な資産…

セブの流儀で野垂れ死ぬ覚悟はあるか? 続編

「FXで稼ぎながらのタイ暮らし」に挑んだ男の末路 2000年の半ば頃、「タイで外こもりをしよう」と煽っていた人物がいた。外こもりに関しての著書も出していた人物だ。 外こもりというのは「国外で引きこもり生活をする」という意味なのだが、これもアーリーリタイアの一種と言える。 この人も充分な資産があったわけではないのだが、自己資金でFX(外国為替証拠金取引)を行いながら、タイで暮らす金を稼ぐというのが…

セブの流儀で野垂れ死ぬ覚悟はあるか? 続編

「仕事もしないでのんびり暮らす」ことの、本当の怖さ 東南アジアでは、1000万円や2000万円程度の貯えでアーリーリタイアする人たちも多い。タイでもフィリピンでも、そうした人たちが大勢いる。しかし、ほとんどが10年どころかほんの数年ももたないことがよく知られている。 アーリーリタイアは表面的には幸せに見えるのだが、資金が足りないアーリーリタイアの場合、精神的にどんどん追い込まれていくのである。特…

セブの流儀で野垂れ死ぬ覚悟はあるか?

「今すぐ会社を辞めたい」人たち 少子高齢化に苦しめられている日本政府は、定年を60歳から65歳に延長することを義務づけた定年延長義務化法を2013年4月から始めている。 これによって労働者は段階的に65歳が定年になっていき、65歳の定年後に年金生活に入ることになる。 しかし、誰もが65歳まで働きたいわけではない。それどころか、30代でも40代でも50代でも、今すぐに会社を辞めて一生のんびりと暮ら…

セブの若者に思う事-続編

レクチャー初日も1時間遅れで全員が揃い、イヨイヨ私の拙い英語での講義がスタート 先ずは社会人として日本の企業で働くための心構えと日本の企業文化の特徴を説明し 約束の時間を何故守らなければならないのかを具体的に丁寧に説明しました。 その甲斐があってか、2日目のレクチャーには定刻の15分前には全員顔を揃える ”奇跡”が起こり、流石の私もこれには驚き彼らの仕事に対するやる気をヒシヒシと感じ、 感動させ…

セブの若者に思う事

1週間以上ブログを、お休みさせて頂きました、別に体調が悪かった訳でも無く P姉ちゃんともめていたわけでも有りません(笑) 実は、横浜で手広く高級レストランを長年経営している友人がおりまして、その友人が オランゴ島で以前から高級リゾートホテルを所有しております、採算度外視の趣味で 作ったホテルでしたのでかなり贅沢な造りです。 皆さんもご存知とは思いますが、日本ではLCCが最近就航してることも有り …

フィリピン警察の実態

フィリピンの警察予算も日本と同じように、上級幹部の給料は国家予算、それ以外は地方自治体の予算となっています。フィリピンの警察組織は「PNP」と呼ばれる国家警察、そのPNPから予算の割り当てが「NCR POと呼ばれるマニラ首都圏警察」そして首都圏の各統括警察である、ケソン、マニラ、南部、東部、北部の統括警察に対して有り 統括本署になると、国からの予算より、各市からの支出の割合が大きくなります。」そ…

耳寄り情報!!

木曜会のメンバーが今月、マクタンガイサノのイミグレーションで観光ビザの延長(6か月)を行った際「裏技」を使いその場でビザを取得する事が出来ました、しかもビザ延長費用(6か月)は今迄の半額以下の5,000ペソ弱! 木曜会のメンバーの方々のセブでの滞在ビザの種類はリタイヤメントビザ・結婚ビザ・観光ビザのいずれかで滞在している方が殆どですが、観光ビザを延長しながら滞在している方が全体の約5割前後です。…

こんなアイタタエロボケ爺とは二度とデートしたくない

フィリピーナが二度とデートしたくないアイタタ親父はこれだ ! 何歳になっても男と女は恋をし続けるものです。恋をし続けたり、異性を求めるのはとても健全なことです。とても健全なことではありますが、健全な行為や健全な外観が必要です。 P国に住んでいるアイタタオヤジ!こちらが赤面するぐらい恥かしい大胆な行動や言動をします。反面教師として見ていますが、中々見ごたえがあります。 学習能力のない男はどこに行っ…

未だに収束の見通しが立たないマラウィ市包囲作戦

今回の問題はそうとう深刻です。おそらくみなさんが想像している以上に深刻です。 これは内乱です。東南アジアのテロリズム、バンサモロ基本法ひとつをとても複雑です。 . フィリピンには目的と目標が異なるいくつかのグループがある。それがさらにこの問題を複雑にしているように見えても所詮どの国もリーダー達の思っていることは一つ。だから未だにイラク、リビア、シリアの内戦が続いている。 . 「平和が訪れると、権…

セブで困窮邦人にならない為の法則・続編5

私は未だ65歳前なので厚生年金は満額支給されず毎月「7万円」でセブでの生活を営んでいます。 若いP~ナが我々エロボケ爺に近づいて来る目的は果たして何でしょうか? その目的は何といっても「お金」であることは間違いないです。 [P~ナは歳の差を気にしない国民性である]などと、真しやかに喧伝されている方も 居られるようですが、再度伺いますが「立場を逆にして想像してみて下さい」 もし、私が二十歳代だった…

セブで困窮邦人にならない為の法則・続編4

私は未だ65歳前なので厚生年金は満額支給されず毎月「7万円」でセブでの生活を営んでいます。 交際費は交通費及び外食費込みの1万ペソでP姉ちゃんとお知り合いになってムフフ迄 持って行かなければなりません、更に私には65歳までには結婚しなければならない 絶対条件が有ります。 先ず私の中ではKTV,ゴーゴーバー等はセブに住み始めてからは、此の予算では自腹では行けません。(泣) 以前、錦糸町のPパブ通い…

セブで困窮邦人にならない為の法則・続編3

私は未だ65歳前なので厚生年金は満額支給されず「7万円」でセブでの生活を営んで います。 私の毎月の生活費の内訳 7万円=約3万ペソ前後(為替レートに依って多少異なります) 1)家賃、電気・水道光熱費、インターネットWifi、携帯電話ロード、ケーブルテレビ等   毎月計1万ペソ内に収めています。 2)基本的には自炊で食材費も毎月計1万ペソ以内に収めています。 3)交際費(交通費含む)も毎月計1万…

セブで困窮邦人にならない為の法則・続編2

私は未だ65歳前なので厚生年金は満額支給されず「7万円」でセブでの生活を営んで います。 「今迄散々6万円ではセブでの生活は無理と書いていたのに何だヨ」思っているでしょう 私はセブに住み始める約5年前、つまり2008年頃から海外永住の為のあらゆる情報を インターネット情報を中心に集め始めました。 先ず、各国の永住ビザの条件、次に物価水準、そして言葉の壁、治安状況でした。 実際に、インドネシア・タ…

セブで困窮邦人にならない為の法則・1

私は未だ65歳前なので厚生年金は満額支給されず「7万円」でセブでの生活を営んで います。 日本の会社を4年前に円満退社し、僅かな資産と退職金は日本の子供達に分け与え 緊急用の資金だけ日本の銀行に残しセブに住み始めましたのが2013年10月でした。 43年前に初めてフィリピンとの縁を持ち、その後P姉ちゃんにズッポリ嵌り度々 フィリピン詣でが始まりましたが後に日本人妻と結婚し子供も生まれ平和な日々が…

<生活保護>65歳以上が過半数、受給83万世帯

ニュースの記事で日本の現状を見ると 単身の高齢者世帯が増大する中、無年金・低年金の高齢者が増えている 厚労省の受給者調査によると、高齢者世帯の半数は無年金で、 年金をもらっていても生活保護を申請している 受給している年金が生活最低基準に達しない場合だ  約8万円(生活援助金)+月額4万円(住宅扶助費)=12万円   (各地域で金額が違う) 高齢者で、年金受給者は、生活保護をうけられる? 生活保護…

フィリピンでホームレスになった日本人達

マニラにある日本大使館には、3日に1人の割合で、異国の地でホームレスになった日本人がやってくる。そのほとんどが高齢の男性で、「困窮邦人」と呼ばれている。  フィリピンだけで年間100人という数に驚くかもしれないが、前年の海外援護統計では332人と、毎日1人の割合でマニラの大使館やセブの出張駐在官事務所に一文無しになった日本人が駆け込んできた。  ちなみに、国別の困窮邦人は2位がタイ、3位がアメリ…