セブ・コルドバの夜は更けて

すみれ会では毎週水曜日、午後1時よりマンダウエのJセンターモール2Fテラス(イミグレーションの外側)で交流会を行っております、参加は会員以外の方でも自由に参加できますので、お気軽にお越しください。

セブから日本へ苦難の道、シリーズ12

久し振りに平和な時間が訪れ、時間の流れに身を任せノン~ビリしていたが、突然
そんな平和を破る、Y爺からの呼び出し音! 舌打ちしながら電話にでると、「月光さん、私の日本の銀行口座に年金が振り込まれていないと、日本の口座からメトロバンクにいつも振り込んでくれている、友人から連絡がありました、どうしたらいいでしょうカア?」とパニック状態での電話。


私「Yさんは確か、誕生日は4月でしたネ?」 Y爺「ハイ、4月です」 私「今年の4月には現況届を年金機構に送りましたか?更にメトロバンクに直接振り込んでもらう為の手続き書類を送ったのはいつ頃でしたか?」 Y爺の決め台詞 覚えてないです!」でも、「ATMカードのコビーを送ってないのでダメだと思います」「現況届は毎年4月に送ってます」しかし、色々想定して、どう推測してもおかしい??
私「Yさん、もしかしたらメトロバンクに送金されている可能性も有るので、一度メトバンクに行って、確認してみてください、今月は16日を過ぎているので、既に入金されている可能性が有りますからネ」Y爺「イヤ、未だです」私「ハア~?それはまたどうして?」Y爺「マリゴンドンに住んでいる、私の日本人の友人が、年金の入金は毎回25日過ぎだと教えてくれたので、25日頃にメトロバンクに行ってみます」私「未だ2週間後じゃないのヨ~!、メトロバンクであれば16日の午後には入金確認できますから行ってみてくださいヨ」 Y爺「ハア~でもマリゴンドンの友人ガア~......」


私も遂にブチ切れ「分かりました、私よりマリゴンドンの友人の話を信用するなら、私はこれで今迄の件から一切手を引きますので」と言い、一方的に電話を切ったので有ります


このY爺、今迄のトラブル続きで完全に腰が引けているようだ。「カ~ッツ!」
翌朝、再びY爺からの呼び出し音、私再び舌打ちをしながら電話口へ、妙~に弾んだY爺の声「月光さん、お金入ってましたア~、良かったア~」「昨日は本当にスミマセンでした、今朝メトロバンクで確認したら年金が入金されてました、ありがとうございました」
拾う神は未だ見捨てなかった様だ、歯車は好転を続けている。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。