セブ・コルドバの夜は更けて

すみれ会では毎週水曜日、午後1時よりマンダウエのJセンターモール2Fテラス(イミグレーションの外側)で交流会を行っております、参加は会員以外の方でも自由に参加できますので、お気軽にお越しください。

フィリピン妻は結婚できない中年男を幸せにするか?続編

ここに「理想の相手」に対する深刻な現実無視と、ミスマッチと、断絶が存在する。


結婚相手を「スペック」で選ぶ時代へ
男性はすでに相手にされなくなった20代の容姿の良い女性を探し求める。女性は年収1000万円以上、そうでなければ800万円以上、妥協して600万円という希少種を探し求める。


そして互いに相手が見つからず、妥協もできず、そしてあきらめる時代になっている。
男女共に、現状認識がしっかりとできていないのである。


今は結婚相手をスペックで選ぶ時代と化した。だから、少しでもスペックから外れた男たちは「結婚」の対象から弾き飛ばされて相手にされない。


若い男女を無理やりセッティングさせて結婚させる見合いも消えて恋愛至上主義になっており、恋愛に貪欲になれない男女がやはり取り残されていく。


そうやって多くの日本人男性が日本人女性をあきらめた。
妙な話だが、日本人男性にとっても、日本人女性は「高嶺の花」になっていったのだ。


結婚に絶望した日本人男性が向かう先
1990年代からそうなったのだが、実はその時、わずかな活路で現れていた光明があったどこにあったのか?
それが「アジア女性」だった。


1980年代から日本の国富に羨望の眼差しで見つめていたのは、周辺国のアジア女性だった。


その中でも、特に出稼ぎに抵抗のないタイ女性やフィリピン女性が、大挙して日本に押し寄せてきていたこの時代、日本人は彼女たちを「じゃぱゆきさん」と呼んだ。



日本の安月給が、フィリピンでは高給取り
1990年代から2005年まで日本の国際結婚は増え続けていた。

この時代、日本の底辺ではフィリピン女性が年間約8万人も流れ込んできていた、このフィリピン女性が、日本で次々と日本人男性と結婚していたのである。


フィリピン女性だけではないタイ女性も、中国女性も、韓国女性も、こぞって日本人男性と結婚していった。日本は世界有数の経済大国であり、日本人男性は金持ちのシンボルであり、彼女たちにとっては一種のブランドだったのだ。


今もその名残りは残っているが、1980年代から1990年代の日本人男性のモテぶりは尋常ではなかった。



だから、選り好みする日本人女性に弾かれた男たちの一部は、歓楽街でたまたま出会ったアジア人女性の熱烈な歓迎に驚き、そしてそこに希望を見出したのだ。


年収300万円の男性は日本では低い部類に入って日本女性から見下されるかもしれないが、他のアジア女性にとってはその300万円も”Very big money”(大金)だったのである、若く美しい彼女たちは、嬉々として日本人の男と付き合った。


気付かないまま奇跡の「0.74%」に入っていた
真面目な機械工だった「彼」も、そうした日本ブランドを背負ったひとりであったと言える、40代に入って彼は初めてフィリピン・パブで自分を羨望してくれる女性に出会い、そしてのめり込んでいった。



熱帯の女たちの弾けるような身体、熱い気質、些事にこだわらない天真爛漫な性格、ホスタビリティ、素朴さ。そして、全身でぶつかってくるような情熱。もう彼の目には日本女性の姿など消えていたはずだ。


53歳で結婚できる確率は、国立社会保障・人口問題研究所の男性の初婚率を見ると「0.74%」である。つまり1%以下だ。


もし、真面目な機械工だった「彼」が日本人女性を結婚対象に考えていたとすると確率は1%以下なのだから、ほぼ絶望的だったと言える数字でもある。



しかし、彼は自分自身でまったく気付かないまま「0.74%」に入るという、とんでもない奇跡を成し遂げていた。


「格差」を利用すれば、日本人男性の価値を高められる
もし、冷徹な観察眼で真面目な機械工だった彼の人生を見るのであれば、彼が知らずして「現代グローバル社会の基本的なトレード戦略」を行ったことに気付かなければならない。


グローバル社会の基本的なトレード戦略とは「格差を利用すること」である。


多くの企業はグローバル化に邁進しているが、その理由は「グローバル化が利益をもたらすから」である。


その基本的なトレードは、「賃金の安い途上国で作らせて、賃金の高い先進国で売る」というものだ、そうすると、取れる利益が増大する。


格差を利用して利益を得る、格差は是正するのではなく、極大化させる。そうすれば利益はより増大する。


グローバル化の時代が止まらない理由と、格差が拡大するのを実は放置されている理由がここにある。現代の弱肉強食の資本主義は「格差はあった方が儲かる」のである。
そうすれば、トレードの効果による利益はより増大するからだ。


機械工だった彼は、知らずして結婚にこのグローバル化の基本戦略を使った、すなわち「グローバル化によって生じた経済格差」を利用して結婚相手を見つけたのだ。


日本の平均年収が400万円だとすると、300万円の年収は「低すぎる」ということになるが、途上国ではまったくそうではない。だから、結婚相手を途上国の相手にするというのはいかにも現代的な手法となる。



しかし、結婚と幸せは別問題であることは注意する必要がある。
外国人と結婚するというのは、ありとあらゆる問題が一度に押し寄せてくることでもある。


食生活の問題、生活習慣の問題、文化の問題、ホームシック、家族親戚の問題、差別の問題、言葉の壁、金銭感覚、経済観念、価値感の違い、子供の問題……。
これらすべてに対処しなければならないのである。


では、「彼」は幸せになったのだろうか。


フィリピンで迎えた悲しい結末!
彼は53歳でフィリピン女性と結婚し、61歳まで日本で必死に働いて稼いだ金をフィリピンの妻子に送り続けてきた。彼女は何かと「金が足りない」とねだってきたが、彼は妻子のために文句も言わずに金を渡していた。


フィリピンで夫婦水入らずで暮らせるのを夢に見ながら、彼は彼女に金を送り続けた  そして、61歳。彼が長らく夢見てきたその日々は確かに実現したのだ。


しかし、それはほんの数ヶ月の間だけだった。


フィリピンの妻の家に着いてから3ヶ月後、彼はカビテ州ダスマリニャス市サンタルシアの路上を歩いている時、何者かに後ろから拳銃で撃たれて路上に大量の血液を流して死んでいった。
即死だった。


彼を殺したのは雇われた殺し屋だったが、その殺し屋を雇ったのは誰だったのか?
他でもない, 彼が一途に愛していた「妻」だった, 彼女が殺し屋に払った金額は約22万円である。


Money Voice 鈴木傾城氏の記事より



如何でしたか? ここセブでも普通にある話です、実際ニュースにはならないですが
年間を通じ複数のセブ在住日本人が暗殺されています。
フィリピン女性も私達と同じ人間です、お金で愛情を繋ぎ止めようと”大きな勘違い”を
されていると、地獄を見ます。


セブで、私達年金生活者が夢見る生活には、現地人と意思疎通が出来る最低限の英語か
ビサヤ語が必要です、更に30~50歳以上も歳の離れた20歳代のP人娘に愛を求める事
自体が、老人ボケした大きな勘違いであることを肝に銘じ、大いに第二の人生をセブで
エンジョイできることを望みます。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。