セブ・コルドバの夜は更けて

「木曜会」のご案内
約6年前よりマクタン島に住む日本人を中心に毎週木曜日に行われております、情報交換会です。
この情報交換会の名称が「木曜会」です、此の木曜会は特別な決まり事は全く有りませんし会費も徴収しておりません、セブでの日々の生活の中での体験談を話しに来る方や悩み事、困り事の相談や友人作り、同じ趣味の仲間作り、暇つぶし(笑)等様々な目的を持った人々の気楽な集まりです。

「木曜会」
毎週木曜日午後1時より、マクタン島TAMIYAからオールドブリッジ向かってハイウエイを歩き始めると約200メートル前方正面に白壁の4階建てのビルが見えますので、そのビルの1階、左手道路沿いにToni's Pizzeria(トニーズ ピザーラ)が有りそこで行っておりますので気軽に覗いて下さい、日本語の出来る方であればどなたでも大歓迎です。


木曜会へのお問合せ

SUN 0943-515-6784 モンマ(幹事)
HP セブ、コルドバの夜は更けて
https://korudbagekkou.muragon.com/

Globe 0927-207-8388 オダ(幹事)
HP セブ島よろず日記


(木曜会、会員ブログ)
HP  リタイア生活 セブ島のひま人 
  (マクタン島のブログです)https://plaza.rakuten.co.jp/walangpera/

HP 歳を忘れさせてくれるフィリピン
  (レイテ島オルモックのブログです)https://amigoaki.muragon.com/

P人妻の海外旅行デビュー

P人妻とセブ~マニラ経由でインドネシアのバリ島へセブパシフィック航空を乗り継いで行ってきました。


マニラ空港の第三ターミナルに着いたのは深夜にも関わらず利用客でごった返して
おりました。


久し振りのマニラの匂いに接して過去の記憶が走馬灯の様に頭を駆け巡ります


此の国の経済成長には目を見張るものが有りますが、道路事情同様に全くインフラが追いついていない実情には.....。
先ず、深夜の一時にも関わらず”とぐろを巻く蛇の様な長蛇の列”そしてようやく
たどり着いたセブパシのチェックインカウンターで「P人が海外旅行に行く際は
1,600ペソの”出獄税”を支払わなければならない」との事で”アタフタ”と出獄税の
支払い窓口カウンターへ、再びここでも長蛇の列(泣)


何でも有のワンダーランド、一応念の為マニラでの乗り継ぎ時間は余裕を持って5時間
取っておいたのは結果的には正解でした、何と搭乗券をゲットするまでに2時間も
要したのです!


その後4階のレストランコーナーで軽食を取りホット一息!
そしてイミグレーションでの”出獄”手続きへ、出国カードを記入しP人と外国人は別々の
窓口で出国手続きへ、しかし待てど暮らせどP人妻は姿を現しません! 
P人妻を探しに行くとイミグレーション窓口で困った表情で立ちすくんでおりました
私は、マニラで帰国の際「バリクバヤンビザ」を取得するためにNSO発行の結婚証明書を持参しておりましたが、「それを提示しろ」との事、彼女はノービザでの出国の為
出国理由の説明を全く信用してもらえないのか!ハタマタお得意の嫌がらせカイ?
更に私迄呼ばれて、私達の帰りの航空券と私のパスポートをも見せろとの事! 
イヤハヤ.....。(汗)

フィリピン人の自由な海外観光旅行はマダマダ遠い未来の話ですかネエ~!?

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。