セブの夜ふけに暇つぶし

セブでのお気楽な生活を独断と偏見に満ち溢れて綴っていきます

笹生優花が涙の「全米女子OP」2勝目 ❣

                             GDOニュース記事より


ご存知フィリピン人を母に持つ笹生優花が日本人初のメジャー
複数V 渋野2位


女子メジャー第2戦◇全米女子オープン presented by アライ 最終日(2日)◇ランカスターCC(ペンシルベニア州)


5位からスタートした笹生優花が5バーディ、1ボギー1ダブルボギーの「68」で回って通算4アンダーとし、3打差を逆転して2021年に続く「全米女子オープン」2勝目を飾った。日本勢のメジャー複数回優勝は男女を通じて初となる。


笹生は前半2番でバーディ先行。6番(パー3)で4パットのダブルボギーを喫し、前半で1つ落とした。首位のミンジー・リー(オーストラリア)に3打差で折り返したサンデーバックナインで加速。12番(パー3)のバーディで首位に並ぶと、13番(パー5)も伸ばして単独首位に。1.5mのチャンスを決めた15番、1オンに成功した16番(パー4、232yd)の2連続バーディでダメ押し。17番(パー3)で3パットボギーを喫したが、リードを守り切った。


優勝インタビューでは「家族の支えなくして、わたしがこの場に立つことはなかった。両親に恩返しができたことをうれしく思う」と話し、感極まってうれし涙を流した。



渋野日向子が通算1アンダーの単独2位に入った。4位から出て2バーディ、4ボギーの「72」でプレーした。ホールアウト後「どうしてこの位置で終えられたんだろうという気持ちと、勝ちたかった気持ちがある。また私が頑張れる理由ができた。優花に何かおごってもらいます」と話した。


通算イーブンパーの3位にアリー・ユーイングとアンドレア・リー。通算1オーバーの5位にアルピチャヤ・ユボル(タイ)が続いた。


14位から出た古江彩佳は3バーディ、1ボギーの「68」で通算2オーバーに伸ばし、2年連続の6位に浮上して終えた。通算3オーバーの9位に竹田麗央と小祝さくらが並び、ともにトップ10圏内による来年大会の出場権を確保した。日本勢5人がトップ10で終えたのはメジャー史上最多(これまでは2021年「全米女子オープン」の4人)。


4オーバーの12位に山下美夢有。6オーバーの19位に岩井千怜。10オーバーの36位に尾関彩美悠。11オーバーの39位に河本結と西村優菜。12オーバーの44位に畑岡奈紗。13オーバーの51位に吉田優利。15オーバーの67位に鈴木愛。21オーバーの74位に岩井明愛が続いた。


全米女子オープン スコア結果
順位 選手名 通算 合計
1 笹生優花 -4 276
2 渋野日向子 -1 279
3 An.リー E 280
3 A.ユーイング E 280
5 A.ユボル +1 281
6 W.ミーチャイ +2 282
6 A.ティティクル +2 282
6 古江彩佳 +2 282
9 小祝さくら +3 283
9 ミンジー・リー +3 283


どうでもいい話ですが、一時期韓国勢が上位を席巻しゴルフマナーが悪く悪評が立っていましたが、最近どうしちゃったのでしょうかネ?マア~日米ゴルフ界にとっては良い事ですが

×

非ログインユーザーとして返信する