セブの夜ふけに暇つぶし

セブでのお気楽な生活を独断と偏見に満ち溢れて綴っていきます

日中戦争:『黄河決壊事件』

1938年6月9日、この日、日中戦争: 黄河決壊事件が発生。
『黄河決壊事件』

日中戦争(支那事変)初期の1938年6月に、
国民革命軍が日本軍の進撃を食い止める目的で起こした焦土作戦。
国民革命軍が黄河の堤防を爆破して黄河を氾濫させ犠牲者は数百万人に達し、
中国人住民を苦しめました。
商震将軍は蔣介石から日本軍前衛部隊の背後を突く形での堤防爆破を命じられ、
国民革命軍の撤退が終わる迄爆破を延期。
この間、蔣介石は爆破が行われたかについて何度も問い合わせを行っています。
6月7日には中牟付近で爆破が行われ、
この作業は失敗し、
場所を花園口(zh)に変更して作業が進められ、
6月9日午前9時に作業が終了し黄河の水は堤防の外に流出。
氾濫は河南省・安徽省・江蘇省にまたがる54,000平方kmの領域に及びました。
水没範囲は11都市と4,000村に及び、
3省の農地が農作物ごと破壊され、
直接的な溺死者は少なくとも数万、
被害者は600万人と言われるも被害の程度については諸説有り。
日本軍は筏船百数十艘を出して住民とともに救助活動を行い、
同時に氾濫した水を中牟付近から別の地域に誘導する為に堤防と河道を築きました。
この惨状の中で日本軍には犠牲者・被害共に殆ど無し。
国民革命軍は現場に近づく日本軍に攻撃を加えた他、
日本軍が住民と共同で行っていた防水作業を妨害(日本軍の地上部隊は住民とともに土嚢による防水作業を行い、日本軍の航空機も氾濫した地区において麻袋をパラシュートにより投下してこれを支援したが、決壊地点の対岸にいた中国軍遊撃隊が麻袋の投下開始直後からその航空機と地上で防水作業中の住民に激しい射撃を加えた事も)。
日本軍に救助された避難民は
開封方面1万、
朱仙鎮、通許方面5万、
尉氏方面2万、
その他数万。

×

非ログインユーザーとして返信する