セブ・コルドバの夜は更けて

「木曜会」のご案内 ・約6年前よりマクタ島に住む日本人を中心に毎週木曜日午後1時から行われております情報交換会です。会場の詳細案内は’17年9月11日の記事を参照下さい。

緊告!!フィリピン全土禁煙

大統領令No.26、フィリピン全土禁煙。この実施日について、保健省は、7月22日から施行すると発表しました。


私達、愛煙家にとって遂に来るべきものが来た!!


7月13日木曜日、保健省のエリック・タヤグ次官補は初め、施行日は7月15日と発表しましたが、後に、大統領令No.26の施行日は、施行規則があるかないに関わらず7月22日になる、と言うことを明らかにし次のように述べました。


「確認したのですが、大統領令No.26は、マニラブレティン紙に5月23日に掲載されました。大統領令は、新聞に掲載されてから60日後に効力を発揮します。つまり、施行日は、7月22日土曜日となります。」


大統領令No.26は、先の5月16日にドゥテルテ大統領によってサインされました。これは、フィリピン全土の公共の場所で、喫煙を禁止するものです。大統領令No.26に違反した場合は、公共法No. 9211、または、2003たばこ規制法に基づき、罰金を科せられます。


 DSA(指定喫煙所)には、大統領令によって基準が定められます。例えば、喫煙所は特定の広さを持つことや、禁煙緩和地帯を設け、受動喫煙を予防することなどです。



大統領令実施後、保健省では、関係機関と共に施行規則を発表してゆくものの、その規則は、関係機関と同じにならない可能性があります。


なお、電子タバコは、この禁煙案に含まれていません。


これからは、電子タバコに切り替えるしかないですネ(;´д`)トホホ




「フィリピン プライマー」の記事より

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。