セブ・コルドバの夜は更けて

すみれ会では毎週水曜日、午後1時よりマンダウエのJセンターモール2Fテラス(イミグレーションの外側)で交流会を行っております、参加は会員以外の方でも自由に参加できますので、お気軽にお越しください。

P人女房ご愛用の私の勝負パンツ

昨年の結婚までは天使様と崇めていた我がP人恋女房!
私の今迄の人生は妥協と諦めの曲がり角だらけの人生でした、しかし一貫して妥協を許さなかった事が一つだけ有りました、それは
「デブ女は嫌い」なのです。


セブ在住の友人知人のP人奥方やガールフレンド達の中には、暴発寸前の風船の様なぬいぐるみ状態になるP姉ちゃんの習性を目の当たりにしておりましたので、
当然、天使様にも「結婚後体重が5Kg以上オーバーしたら離婚」ときつく申し渡してありました。

今年の3月までは学業に忙しく、その後に続く就活と緊張の日々でしたのでベスト体型を維持しておりましたが、6月から就職が決まり働き始め仕事に慣れた頃から、始まりました爆発ガ!アッという間に「レッドゾーン」超え!
私の冷ややかな態度に危機感を感じたのかP人の国技”ダラダラ言い訳”これが通じないと見るや、出ましたP人必殺技「ダッタらジムに行くからお金頂戴」攻撃!心の中では
「フザケンナー」と叫び日本男児の心意気を示したいのですが、ここはフィリピン!
「貴女もサラリー貰っているんだから半額だけ負担してあげる」でバブイ天使様は
渋々妥協し、最近は仕事帰りにセッセとジム通いを始めたようです。
時期を同じくして、私の絹の勝負パンツ複数が忽然と姿を消したのです、数々の激戦を
共に戦い日本からはるばる海を渡って来た戦友!結婚後は出撃回数が激減したとは言え現役バリバリの勝負パンツ! ハテどこに仕舞ったかナア~?とボケが進行し始めた頭で考えるのですが全く心当たりが有りませんトホホホ(泣)

休日の早朝、静寂を破りジプニーから流れて来るようなP人の大好きなけたたましい音楽が部屋中に鳴り響き、リビングルームではユッサユッサと揺れながら聞こえてくる荒い息使い「こんな早朝から何やってんだヨ」と覗きに行くと、

ジムで覚えたエクササイズをバブイ体型で暑苦しく踊っておりました、ナッナナナ~ント!?私の勝負パンツを女房殿がチャッカリ履いているでは有りませんかア~!!
「ソッそれ俺のパンツ」汗だくの女房殿曰く「貴方の物は私の者、私の物は私の物」
タッハー!私の女房殿も筋金入りのP人でした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。