セブ・コルドバの夜は更けて

すみれ会では毎週水曜日、午後1時よりマンダウエのJセンターモール2Fテラス(イミグレーションの外側)で交流会を行っております、参加は会員以外の方でも自由に参加できますので、お気軽にお越しください。

フィリピン銀行口座事情 シリーズ4

Pawn Shopがあれば、フィリピン国内の送金に困ることなどないのです。


もちろんフィリピンのPawn Shopは送金業務ばかりでなく、質屋としての本来の機能も果たしています。物品を担保として預けてお金を借り、利子をつけて返済することで物品を取り戻すパターンで利用されるのが一般的です。
質屋を利用する6割の人が、質に入れた品物を取りに来るとのことです。現在の日本の質屋が、有名ブランド品などの買取や販売など主になっていることに比べると、かなり異なる使われ方をしているようです。一昔前の日本の質屋と同じです。
海外に出稼ぎに出た家族からの仕送りが予定より遅れているときなどに、質屋はよく利用されます。月々5%程度の利子を課すのが一般的ですが、質屋によっては月利6〜10%と高利を課しているところもあります。


日本と違って、フィリピンの質屋は隠れてこそこそ赴くような場所ではありません。
ことに貧困層の庶民には親しまれており、質屋に行くのが恥ずかしいという感覚は少しもありません。交通の往来の激しい場所に、フィリピンの質屋はあります。
店舗内への侵入を阻むように鉄格子がはめられていたり、ライフルを持ったガードマンが店先に立っていたりするのは、ごく普通の光景です。質屋を狙った犯罪が多く発生するためです。

質草になる物がかなり限定されていることも、フィリピンの質屋の特徴です。貴金属しか扱わない質屋もかなりあります。フィリピンでは偽物が氾濫しているため、時計やバッグなどは引き取ってもらえないことが普通なのです
ちなみにフィリピンの女性は、金のネックレスやブレスレットを大切にしますが、それは貴金属類であれば簡単に換金できる一面があるからです。質屋に持っていくと、ブランドやデザインに関係なく金の重さだけで換金してもらえます。
つまり、金製品はフィリピン人にとっての財産なのです。身につけることで装飾品にもなり、いざというときにはすぐに換金できる便利な財産といえるでしょう。
最近では、貴金属以外にもスマホや家電製品を預かってくれる質屋も増えています。


ですから、P姉ちゃん達は高額なスマホをエロボケ爺に先ずはオネダリするのです、私の知人で、彼女名義で土地を買わされそこに家を建て住んでいたが、軽い脳梗塞になりリハビリの為彼女と日本に帰るために、その土地建物を売りに出そうとした所、既に彼女は
ポーンショップで限度額まで借りていたので、金利を払わないと引き出せない、と言うあきれた話が此処セブでは珍しくはないのです。


この様にフィリピンでは、質屋は庶民の味方として親しまれています。
しかし、質屋は貴金属など金目の物をもっていなければ、そもそも利用すらできません。質草さえない貧しい人々は、急にお金が必要になったとき、どうしているのでしょうか?


フィリピン人の借金事情
フィリピン人の多くは手元に余分なお金があると、後先考えずにきれいに使ってしまいます、そのため、事故に遭ったり病気にかかると、たちまち資金繰りに窮することになります。
そんなとき頼るのは、まずは親族、次に友人や近所の顔見知りです。ちなみに日本人は金持ちというイメージが強いため、ちょっとした知り合いにもかかわらず、いきなり借金を申し込まれて驚くことがあります、参考までに私のP人妻の実家は車を2台持ち、6人兄弟で全員大学を卒業していますので、貧しい家庭では有りませんが、P人妻と結婚する際の条件として、「妻の両親が病気になり高額な治療費が必要となった場合はサポートすることはやぶさかではないが、妻の兄弟全員が漏れなくサポートする場合に限り私もサポートする」との条件を妻の両親の前で約束させております。
そんなときは、フィリピン社会の常識を知っておいた方がよいでしょう。フィリピンの貧困層に属する人々の間では「お金を貸して」は「お金をください」と、ほぼ同じ意味になります。
「お金をください」と切り出すのはさすがに恥ずかしいため、「お金を貸して」と申し出ているだけのことです。
借りてしまえば返せないための言い訳など、いくらでも用意できます、その為私の知人は
P人の彼女と同居する際「彼女の親族には一切サポートしない」との契約書にサインさせている強者もおります。


フィリピンはカトリック(フィリピン教と私は呼んでいます)の教えが行き届いた国ですほとんどのフィリピン人はお金は自分のものではなく、神様から預かっているに過ぎないと考えています。
そして、お金を持っている人は貧しい人々のために施すことが善行であり、天国への道と信じているのです、ですからフィリピンはある意味「物乞い天国」なのです

そのため、お金に余裕のある人が貧しい人に貸した場合、無理に取り立てようとすれば神の御心に逆らうことになり、天国への道を閉ざされることになります。そうした教えが染みこんでいるため、貧しい人に貸した以上は返せるようになるまで待つのがフィリピン(フィリピン教)の常識です。


その結果として、貸した金はまず返ってきませんのでくれぐれもご注意を、特に日本人の場合あまりしつこく催促すると、バイクに乗ったゴルゴ13が現れ”天罰”が下りますヨ!

ですから「お金を貸して」と言われた場合に、日本と同じ感覚で気軽に貸してしまうと痛い目にあいます。十分に注意した方がよいでしょう。
もっとも、すべてのフィリピン人がお金にルーズなわけではありません、一般的にきちんと定職についているフィリピン人は、お金の貸し借りをシビアに行っています。
自分のバースディパーティや友人の結婚式があるからと、給料の前借りを申し込むフィリピン人も数多くいますが、特に問題はありません。
当たり前と言えばそれまでですが、貧困層の人々ほど借金の返済率は落ちてきます、それでも一度お金を借りた相手に対して、返済しないまま再び借金を申し込むことは、フィリピンではあまりありません(但しエロボケ爺には何度でも平気で借金を申し込みます)


親族や友人・知人からの借金もできなくなったとき、貧困層の人々が頼る先は「ファイブ・シックス」と呼ばれる高利貸しです。


                                つづく

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。